地域看護師の仕事内容について

地域看護師,仕事内容

地域看護師は地域の生活に合わせた看護を行っています。活躍の場所は訪問看護ステーション・急性期病院の地域連携室・行政機関、在宅医療センター・教育機関・地方議会などがあります。地域看護師は地域全体の看護を支える役割を担っていますので、地域全体を俯瞰しながら必要な仕事を行います。また行政やボランティアとの調整・訪問看護師の育成・在宅看護に関わる他職種との連携なども重要になってきます。世の中が高齢化社会となってきて看護師の需要が増加している中で、地域全体の看護に携わっている地域看護師の必要性も高まっているのです。地域看護師の仕事内容は多岐にわたります。地域の在宅看護に関わる様々なことが対象になりますので、知識と技術に加えて関係者との意見の調整を行って組織的な問題解決を目指しています。時には地域の医療や福祉に関するイベントを企画したり、インフルエンザ予防に関する相談会を開催したりすることもあります。国が在宅介護を推進するために病院での在院期間を短縮している昨今では、地域看護師の活躍場所は更に広範囲となってきています。将来的にも地域にとって不可欠な存在として、その需要は増加していくことが予想されています。 574

地域看護師が担う介護予防の大切な役割とは

地域看護師,仕事内容

地域看護師が担っている大切な役割の一つとして、介護予防という仕事があげられます。介護予防というのは、そのままの意味で将来的に介護が必要にならないようにするための予防を行っていくという看護の形となっています。例えば介護が必要にならないようにするために、生活習慣の改善やリハビリテーションなどを行うことで、人々の健康を守っていくという役割も担っているのです。 現代の日本の状況において、高齢者の数は増加傾向にあります。高齢者の数が増えるということは、将来的に介護が必要になる可能性がある高齢者の方が増える可能性があるということでもあります。ですが特に地方においては、看護師などの人で不足で十分な介護を行うことができない可能性も高くなってしまいます。このような背景において、地域看護師が担っている介護の予防という役割は大きな意味を占めるものとなっています。地域看護師の予防の活動の成果が出れば、将来的に介護が必要な方を減らすことにつながっていくからこそ、看護師や介護士の介護にかかる負担を減らしていくことができるのです。地域看護師の介護予防の活動というのは、将来的な社会状況を考慮したうえでの活動でもあるのです。 576

更新履歴